絵と本

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< "シュシュクル"という焼き菓子屋さん | main | アービングペンと三宅一生 >>
追悼 スティーブ・ジョブズ
ふだん意識していたより、ものすごい影響を
受けていたのだとあらためて感じています。

スティーブ・ジョブズがアップル社に復帰した
1997年に作られたCM「Think Different」シリーズは、
一生忘れません。

CM本番の朗読は、リチャード・ドレファス。
この朗読をスティーブ・ジョブズ本人が行った未公開バージョンの
動画が存在してるとS.F.在住の姉が教えてくれました。
Apple Steve Jobs The Crazy Ones - NEVER BEFORE AIRED 1997

Here’s to the crazy ones. 

The misfits.
The rebels.
The troublemakers.
The round pegs in the square holes.
The ones who see things differently.

They’re not fond of rules.
And they have no respect for the status quo.

You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them.
About the only thing you cant do is ignore them.
Because they change things.

They push the human race forward.
Maybe they have to be crazy.

While some see them as the crazy ones,
we see genius.

Because the people who are crazy enough to think
they can change the world, are the ones who do.

クレージーな人たちがいる。
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に丸い杭を打ち込むように
物事をまるで違う目で見る人たち

彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。

彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは、誰にも出来ない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。

彼らは人間を前進させた。
彼らはクレージーと言われるが

私たちは彼らを天才だと思う。

自分が世界を変えられると
本気で信じる人たちこそが
本当に世界を変えているのだから。



COMMENT









Trackback URL
http://etohon.jp/trackback/46
TRACKBACK